転勤でマンション売却が正解かどうか2つのチェックポイント

『転勤が決まったけど、マンションどうしよう…?』

住宅ローンも残ってるし、売るべきか、所有しつづけるのか悩みますよね。

そこで今回は転勤が決まった時のマンション売却について説明していきます。

転勤が決まったら売却するのが最適

まず転勤が決まったら、マンションは売却をオススメしています。もちろん、それぞれ事情によって異なるのもわかっています。

転勤先では新しい環境に慣れるまで時間がかかります。新しい生活に集中するためにも、マンションを売却してしまい、何も思い残すことなく次の環境に移動することがベストな選択と言えるでしょう。

転勤が決まった場合の選択肢

転勤によって、保有しているマンションの選択肢として考えられるのは以下の3つです。

・マンションをそのまま所有し続ける
・マンションを運用して家賃収入を得る
・マンションを売却して現金に換える

それぞれの具体的な内容と、メリットとデメリットについて見ていきましょう。

そのまま所有し続ける

1つ目は、転勤が決まってもマンションをそのまま所有する。

メリット

マンションを所有し続けるメリットは、資産として手元に残ることです。

また、転勤が一時的なもので戻ってくる場合や将来的に転勤前の土地に戻ってくる意思がある場合は、マンションを買い直す際の諸費用を抑えることができるため、所有し続けている方が良いと言えるでしょう。

デメリット

デメリットは、諸費用と管理の手間がかかります。

マンションを所有していることで下記のような諸費用が発生します。

・固定資産税
・住宅ローンの返済
・管理費や修繕積立金

転勤先でも住居費用が発生することを考えると、生活費の中に占める住居費用の割合が大きくなります。

また定期的な空気を入れ替えや掃除の管理する手間もかかります。

デメリットをマンションをそのまま所有し続けるということは現実的ではないと言えるでしょう。

運用して家賃収入を得る

2つ目は、賃貸で家賃収入を得る方法です。売却しな方にとって、1番現実的な手段ですね。

メリット

メリットは3つです。

・資産として手元に残る
・家賃収入が入る
・転勤から戻ってきても買い直す必要がない

なんと言ってもまた、そのまま保有し続ける場合のデメリットとして挙げられていた固定資産税や住宅ローンの返済、管理費、修繕積立金といった諸費用を家賃収入で補うことができるため、安心して所有し続けることができます。

デメリット

デメリットは、入居者が見つからなければ赤字になることです。

当たり前ですが家賃収入がなければ、住宅ローンの返済など自分自身で負担する必要があります。

そのため賃貸としての需要がある場所なのか、冷静に判断しましょう。

また誰かに部屋を貸せば、部屋が傷んでしまうことも忘れてはいけません。のため自分が戻ってきて住む場合には、痛みの状況によってはリフォームを行う必要があります。

売却して現金に換える

3つ目の選択肢として考えられるのは、マンションを所有し続けるのではなく、売却して現金に換えてしまうという方法です。

マンションを売却して現金に換えることのメリットとして、転勤先で新しい住居を購入するための費用として、マンション売却時の代金を充当できるということが挙げられます。

また、売却することによって自分の所有物ではなくなるため、管理する手間を省くことができるほか、諸費用に悩まされることもなくなるというのも大きなメリットと言えるでしょう。

マンションを売却して現金に換えることのデメリットとして、いくら中古のマンションといっても、売買代金が高額になるため、売買が成立するまでに時間がかかってしまうということが挙げられます。

そのため、売りに出してすぐに売買が成立しなかった場合には、転勤先から売却の指示を出したり、転勤先から戻ってきて売買契約を行ったりしなければならないなど、手間がかかってしまいます。だからといって、売却を焦ってしまうと、市場価格よりも低い価格で売買が成立してしまうため、注意が必要です。

もし、マンションを売却することを考えているのであれば、転勤が決まった段階ですぐに不動産会社を選定して買主を見つけるようにした方が、後々の手間を防ぐことができるほか、円滑に売買を進めることができるようになると言えるでしょう。

売却が必要かのチェックポイント

マンションを所有していて転勤が決まったからといって、全員にとってマンションを売却するのが最適とは言うことができません。例えば、以下のようなチェックポイントに該当する場合は、マンションを手放さずに所有し続けることも1つの手段と言えます。

・転勤先から戻ってきたいという意思があるか
・買い換え時の予算に余裕があるか

それぞれのチェックポイントについて見ていきましょう。

転勤先から戻ってきたいという意思があるかどうか

マンションを購入した土地に思い入れがあり、退職してでもそこに必ず戻って来たいという強い意思がある場合には、わざわざマンションを売却する必要はないと言えるでしょう。

転勤によってマンションをどうするか悩んでいる人の中には、その土地が夫婦どちらかの生まれ育った土地で、ずっとその地に居たいという思いでマンションを購入している場合があります。

そういう思いがあってマンションを購入している場合には、将来のことを考えてじっくりとマンションを選んでいることが考えられるため、手放すことはもったいないと言えるでしょう。

もし、マンションにこだわりがない場合には、売却して戻ってくるタイミングに合わせてまたマンションを購入するという選択肢がありますが、1回目にマンションを購入した時と同じく、手数料などがかかってしまうため注意が必要です。

買い換え時の予算に余裕があるかどうか

転勤先の住居を購入する資金に余裕がある場合やマンションが相続によって引き継がれたものである場合には、そこまで急いで現金化しなくていいため、わざわざマンションを売却する必要はないと言えるでしょう。

また、将来的にマンションに戻ってくるという強い意思があり、転勤先ではマンションを購入せずにアパートを住居にするといったような場合や既にマンションの住宅ローンの返済が終わっている場合も、まとまったお金が急に必要になるわけではないため、急いで売却する必要はないと言えます。

しかし、住宅ローンの支払いが残っている場合には、転勤先での住居費用に、住宅ローンの返済やマンションの管理費などの諸費用が加わるため、どのくらいの費用負担になるのかあらかじめ算出しておく方が無難であると言えるでしょう。

売却する場合には一括査定がおすすめ

売却を決めた場合は、転勤先から売却の指示を出したり、転勤先から戻ってきて売買契約を行ったりするという手間を省くために、とにかく早く買主を探して転勤までに売買を成立させる必要があります。

マンションの売買を行うにあたり、まずは売却を依頼する不動産会社を選ばなければなりません。不動産会社によって査定額が異なるため、いくつかの不動産会社を回って相見積もりを取ることが少しでもマンションを高く売却するコツと言えますが、相見積もりを取るには時間がかかってしまいます。

そこで、効率良く売却する不動産会社を選ぶための方法として登場するのが、一括査定です。一括査定とは一体どのようなものなのでしょうか?一括査定の詳細について見ていきましょう。

一括査定とは

一括査定とは、不動産の所在地や間取りといった情報をインターネット上のサイトに登録するだけで、一括査定サイトと提携している不動産会社がそれぞれ査定を行ってくれるというサービスです。

従来であれば、一番高い査定を行う不動産会社に依頼する場合には、1つ1つの不動産会社に売主が自ら査定を依頼して相見積もりを取る必要がありましたが、一括査定のおかげで大幅に時間を節約することができるようになりました。

一括査定サービスを提供しているサイトは数多くあります。代表的な一括査定サイトは以下の通りです。

・HOME4U
・すまいValue
・HOME’S
・Re Guide
・イエイ

HOME4Uは、NTTグループが運営している一括査定サイトであるため安心して利用できる、すまいValueは、業界トップクラスの不動産会社6社に厳選している、HOME’Sは1,300社以上の不動産会社と提携しているといったようにそれぞれの一括査定サイトごとに特徴があります。

一括査定サイトは、上記以外にも数多くあるため、自分に合った使いやすい一括査定サイトをあらかじめ決めておくと、いざという場合でも円滑に不動産会社探しを始めることができるでしょう。

徹底比較!マンションの一括査定サイトのオススメ4選

転勤時はまず売却することから検討

マンションを所有していて転勤が決まった場合は、チェックポイントに該当しない限りは、まず売却することを前提に話を進めていく方が良いと言えるでしょう。

転勤してしまってからマンションを売却する場合には、転勤先から不動産会社に売却の指示を出したり、転勤先からマンションの所在地に向かって売買契約を締結したりと手間が増えてしまうため、なるべく転勤前に売買を成立させてしまうことをおすすめします。

一括査定を行うことによって、自身で相見積もりをより早く行うことができるため、不動産会社を選定する時間を節約することが可能です。

査定額が高いだけでは、すぐに売買が成立するか分からないため、販売実績のある不動産会社かどうかも併せてチェックすることによって、より効率良く売買を成立させることができるでしょう。