ペアローン・連帯債務・連帯保証の3つの違いをわかりやすく解説

『夫婦で住宅ローンを組むならペアローン?』

いろいろ調べてみると、ペアローン・連帯債務・連帯保証の種類があるとか。

でもメリット・デメリット・違い、そして自分たち夫婦にとってどの選択がいいのか知りたいですよね。

そこで今回はわかりやす説明していきますね。

ペアローン・連帯債務・連帯保証の違い


まず3つの住宅ローンの共通のメリットは、より多くのお金を借りれることです。

夫だけの収入よりも、妻の収入もあわせれば銀行はお金を多く貸してくれます。

ちなみにこれらを収入合算して住宅ローンをくむと言います。

では本題の3つは何が違うのか?

というところなんですが、表にまとめました。

内容 ペアローン 連帯債務 連帯保証
住宅ローン契約数 2 1 1
団体生命保険 夫・妻
住宅ローン控除 夫・妻 夫・妻
所有権 夫・妻 夫・妻
保証人 夫と妻
(お互い同士)
不要
債務者 夫と妻 夫・妻

※スマホの方は右にスクロールできます
※主とする債務者を夫と想定します

それぞれ説明していきますが、まずどういう違いがあるのか?と疑問に思った時はこの表を確認してください。

・住宅ローンを組む数
・団信の対象者
・住宅ローン控除
・マンションの所有権
・保証人と債務者

上記の違いがあるんです。はい、それではそれぞれについて説明していきます!

ペアローンとは

ペアローンのイメージ画像
ペアローンとは1つの家を購入するために、夫婦で2つの住宅ローンを借ります。夫で1つ、妻で1つです。

ペアローンの内容は下記の表のとおりです。

内容 ペアローン
住宅ローン契約数 2
団体生命保険 夫・妻
住宅ローン控除 夫・妻
所有権 夫・妻
保証人 夫と妻
(お互い同士)
債務者 夫と妻

夫婦それぞれ申し込むので、契約本数が2本になっています。

住宅ローンを2つ借りるだけで、住宅ローンを1つ借りる場合と内容は同じです。

団体生命保険は、もちろん夫・妻ともに対象です。ただし注意は、それぞれの債務者の借金のみが対象となります。

たとえば夫が亡くなれば、夫の住宅ローンだけが返済されます。しかし奥さんは返済されません。

ペアローンのメリット

ペアローンのメリットは、下記の2つです。

・借りれるお金が多くなる
・住宅ローン控除と団信が夫・妻にも適用される

連帯債務・連帯保証でも借りれるお金は多くなります。

しかしペアローンの場合は、住宅ローン控除・団信が夫婦それぞれに適用されます。

ペアローンのデメリット・注意点

デメリットはと注意点は3つです。

・夫 or 妻が働くなった場合に、返済に困る
・住宅ローン借り換えで、1つにまとめようとした時に、贈与税が発生するリスク
・申込み時の手間・時間が倍かかる

ペアローンを検討する方は、それなりに大きい金額を借りる予定だと思います。そのため夫・妻のどちらかが働くなった場合に返済に困る可能性があります。

最悪のケースは、購入したマイホームを売却し、ローンの借金が発生です。そのためペアローンの割合については、夫婦で十分に話し合ってくださいね。

ペアローンとは?共働き夫婦が知りたい7つのポイント

2つ目は、住宅ローンを1つにまとめる時に贈与税が発生するリスクがあること。

たとえば子どもが産まれ、妻が働くなくなったので住宅ローンを夫にまとめようとします。そのさいに贈与税が発生し、税金を支払う必要があるかもしれないのです。

3つ目は、住宅ローンを2つ契約するので、事務手数料や団信の費用も2本分かかることです。そのため契約時の費用が、多くなるので注意してくださいね。

ペアローンはどういう人がオススメか

ペアローンのメリット・デメリットも説明しましたが、どんな夫婦にオススメなのかは下記の条件にあてはまる人です。

・フラット35は申し込まない(できないため)
・夫婦それぞれ年収が400万円以上
・購入後も夫婦共働き

住宅ローン控除のメリットを活かすためにも、年収が高い夫婦にオススメですね。

ただし子どもが生まれて、どちらかが働かない状況になる可能性がある夫婦は注意してくださいね。

住宅ローンの連帯債務とは

住宅ローン 連帯債務

連帯債務の住宅ローンは、夫婦で1つの住宅ローンを申し込みます。夫婦の収入を合算するので、より多くのお金を借りれます。

内容 連帯債務
住宅ローン契約数 1
団体生命保険
住宅ローン控除 夫・妻
所有権 夫・妻
保証人 不要
債務者 夫・妻

ペアローンは契約本数が2本でしたが、連帯債務は1本です。ここが大きな違いですね。

それに伴って、団体生命保険の適用は主債務者が対象です。

これはメインで返済する人が亡くなった場合は適用されますが、連帯債務者は適用されません。

たとえば夫が主債務者とします。夫がなくなれば、団体生命保険が適用され住宅ローンは返済されます。しかし連帯債務者である奥さんが亡くなっても、適用されません。

ただし!フラット35の場合は夫婦それぞれが加入できますので心配ありません。

連帯債務のメリット

メリットは下記の3つです。

・多くのお金を借りれる
・フラット35で利用できる
・ペアローンよりも手間がかからず、手数料が安い

住宅ローン2つを申し込むペアローンよりも、書類を用意する手間が省けたり、手数料がやすいのがメリットとしてあります。

連帯債務のデメリット

デメリットは2つですね。

・団信が主債務者のみ
・収入が減ると、住宅ローン控除のメリットがなくなる

まず団信ですが、夫婦の収入を合算して申し込んでいるのに、主債務者しか対象にならないのがありますね。

夫も奥さんも同じぐらいの年収とかの場合ですと、不幸があった場合に住宅ローンを払えなくなる可能性がありますからね。

連帯債務の住宅ローンがオススメの人

・フラット35を申し込む
・夫婦の収入に差がある
・購入後も夫婦共働きを予定

オススメの人は上記の条件です。

『どっちを選べばいいの』と悩む方は、まずフラット35を申し込むなら連帯債務。フラット35はペアローンで申し込めないためです。

また夫婦の収入に差がある場合は、連帯債務がオススメです。これは上述したように民間銀行の場合は、団信がどちらかは対象にならないためです。

住宅ローンの連帯保証とは

住宅ローン連帯保証

住宅ローンの連帯保証は、夫が払えない場合に妻が払う義務が発生します。(※申込みが妻の場合は逆ですが今回は申込みを夫と想定しています)

 

内容 連帯保証
住宅ローン契約数 1
団体生命保険
住宅ローン控除
所有権
保証人
債務者

連帯保証のメリット

・単独名義で申し込みができる

夫のみで申込みをするため、妻に返済義務が必要がないことですね。

連帯保証のデメリット

・団信や住宅ローン控除は夫のみ(申し込んだ人)
・借り入れ額はペアローン・連帯債務よりも低い

夫で申込みをした場合に、ペアローン・連帯債務と違って住宅ローン控除などが妻には適用されません。また連帯保証の場合は借入額がすくなります。

連帯保証の住宅ローンがオススメの人

・共働きをしない可能性が高い
・妻にとって住宅ローン控除のメリットが少ない

連帯保証がオススメの人は、妻が住宅ローン控除をしてもメリットが少ない、共働きしない時期・可能性があるので妻の収入から返済はしたくない夫婦です。

3つの違いを把握して検討しよう

ペアローン、収入合算である連帯債務・連帯保証について説明してきました。

いずれにしても借入額が増えますが、今後のライフプランを考えて検討してくださいね。