子持ちの奥さんに!離婚したらマンション売却が正解の理由

『離婚しても今のマンションに住み続けたい』

とくに子どもを引き取るならば、住んでいるマンションのまま!と思いますよね。

でも離婚時にマンション売却すれば、今後のリスクが少なくなります。

なぜでしょうか?それについて説明していきますね。

離婚後はマンション売却がオススメな3つの理由

離婚マンション売却

冒頭に書いたように購入したマンションは、離婚時に売却がオススメです。

子どもと安定した生活をするために、離婚後も住み続けるのが正しいのではと思いますよね。

でも下記のようなリスクがあるんです。

  1. 住宅ローンを奥さんが全て払うことに
  2. 元夫が住宅ローンを滞納し、強制退去に
  3. 売却したい時にできない

離婚後の生活が脅かされる可能性があるのです。

ただし住宅ローンの返済がすでに終わっている場合は、売却しなくても上記のようなリスクはありません。

それぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

住宅ローンを奥さんが全て払うことに

離婚住宅ローン

下記の条件の時に、元夫が住宅ローンが支払えないと、奥さんが支払う必要が発生します。

・マンションが夫婦の共有名義
・住宅ローン契約保証人が奥さん

たとえば元夫が失業して収入がなくなった、新しい家庭ができて余裕がない。このような理由で、住宅ローンの支払いが中断されるケースもあります。

元夫を信じたいと思うかもしれませんが、数年、数十年後には何がおこるかわかりません。そのため離婚時に売却し、不安・リスクから解放される方が安全でしょう。

元夫が住宅ローンを滞納し、強制退去に

離婚退去

元夫が住宅ローンを支払えない。奥さんも支払えない場合にどうなるでしょうか?

銀行からマンションを差し押さえられ、競売による強制的な売却が行われます。

想像してみてください。

ある日いきなり、マンションから出ていかなければならない状況を。銀行にっとては、マンションに住んでいる奥さんの言い分は関係ありません。

しかも競売では、相場の価格よりも安く売却されます。

売却した金額で、元夫が銀行に住宅ローンを返済するのですが、完済できないと借金が残ります。

養育費を払えるような経済状況ではなくなり、結果的に奥さんと子どもの生活に影響がでてくるかもしれません。

売却できないリスク

これはマンションが共有名義の場合に、売却には元夫の同意が必要なんです。

離婚後も元夫と仲が良好であれば問題ないです。しかし悪ければ、売却するまでかなり苦労するでしょう。

離婚時の対応は状況によって異なる

離婚時には、購入したマンションの売却をオススメする理由を説明しました。

でも実際は、難しいですよね。

『離婚するタイミングで家も売るなんて。。』
『どうやって売却すればいいの』

と思われる方がいると思います。

 

 

売却の際に子持ちの奥さんはマンションを売却した方が良いということは分かりましたが、売却するといっても子持ちの奥さんが子育てをしながら働いて新しい住居を探すことは困難であるため、マンションを売却しないでそのまま居住し続ける可能性もあります。

また、売却したくてもマンションが共有名義になっていて簡単に売却できない場合や売却して住宅ローンの一括返済を行おうとしても売却価格によっては住宅ローンが残ってしまう場合があります。離婚時の状況に合わせてそれぞれ対応を変更しなければなりません。離婚時に考えられる状況は以下の通りです。

・マンションを売却する
・マンションを売却しない
・マンションを売却しても住宅ローンが残る
・マンションの名義が共有名義になっている

それぞれの離婚時の状況の対応について見ていきましょう。

マンションを売却する

マンションが旦那の単独名義の場合や奥さんの単独名義の場合は、それぞれの契約者が単独でマンションを売却できます。住宅ローンの契約中にマンションを売却する場合には、金融機関の合意が必要ですが、マンションの売却価格が住宅ローンの残高を上回っている場合には合意に至る可能性が高いため問題ありません。

マンションを売却する場合には、マンションの中に残っている個々の所有物や共有財産をどうするのかといった問題に関しては、マンションの売却が成立するまでに解決しておく必要があります。売却を円滑に進めるために、離婚後に話し合いをするのではなく、離婚前にきちんと話し合っておくようにしましょう。

マンションを売却しない

マンションが奥さんの単独名義の場合や離婚の話し合いの結果、マンションを売却しないで居住し続けることになる場合があります。

奥さんの単独名義の場合には問題がありませんが、共有名義のまま居住し続ける場合にはリスクが大きくなってしまうため、いくつか準備しておかなくてはなりません。

まずは、共有名義のままで離婚後も旦那が住宅ローンの返済を行ってくれている場合の準備です。旦那が返済を滞ってしまった場合には、保証人である奥さんがたとえ離婚後でも肩代わりしなければなりません。そのため、安心して住み続けるためには、旦那の住宅ローン契約の保証人を奥さんではない人に変えておく必要があります。

また、共有名義を奥さんの単独名義に変更する場合は、あらかじめ金融機関に確認しなければなりません。金融機関は夫婦の両方の収入を基準に住宅ローンの契約を決定しているため、単独名義への変更に応じない可能性があるため、注意が必要です。

金融機関が応じてくれない場合には、住宅ローンの借り換えを行う必要がありますが、住宅ローンの借り換えもある程度の収入がないと行うことができないため、売却せずに済み続けるということはなかなか厳しいと言えるでしょう。

マンションを売却しても住宅ローンが残る

住宅ローンの契約中にマンションを売却する場合には、金融機関の合意が必要で、マンションの売却価格が住宅ローンの残高を下回っていると合意に至らず、売却できない可能性もあります。

しかし、下回っている分を貯金や住宅ローンの借り換えなどで補える場合にはマンションの売却を認めてもらうことができ、買い取りや仲介といった形で不動産を売却できる可能性があります。貯金や住宅ローンの借り換えなどで補うことができない場合は、買い取りや仲介といった売却方法を選択できません。

最終手段として任意売却という選択がありますが、この方法を利用する場合にも金融機関の合意が必要ですが、競売によって二束三文で売却されるよりは、任意売却の方が高く売れる可能性があるため、応じる可能性が高くなります。

マンションを売却しても住宅ローンが残る場合には、自由にマンションを売却できないという制限が加わります。そのため、離婚でマンションの売却を検討している場合は、なるべく早い段階で金融機関に相談するようにした方が良いでしょう。

マンションの名義が共有名義になっている

マンションが共有名義になっている場合には、どちらか一方が勝手に売却することはできません。双方の合意が必要になるため、離婚の際には事前に話し合っておく必要があります。

共有名義のまま売却する場合には、売却後に売却価格を持ち分に合わせて配分しますが、単独名義に切り替えて売却する場合には、相手の持ち分を買い取るなどして単独名義に切り替える必要があるため、事前にどのように対応するのか話し合っておくようにしましょう。

離婚時のマンションに住み続けることはリスクが多い

旦那が住宅ローンの返済を行ってくれるから安心して住み続けることができる理由でマンションに住み続ける子連れの奥さんも多いかもしれません。しかし、将来的な長い目で見るとリスクが多いため、離婚時に売却してしまった方が安心と言えます。

例えば、保証人が自分のまま変更されていない場合は、旦那が住宅ローンの返済を滞ってしまえば、自分に返済義務が生じてしまいます。また、保証人になっていなかったとしても、旦那が返済義務を果たさない場合には、差し押さえによって急に追い出される可能性も否定できません。

何よりも、マンションに住み続けているということは、離婚後も旦那にどこに住んでいるのか把握されることになります。離婚後のトラブルを抑えるためにも、離婚時にマンションを売却してしまい、新しいスタートを切るようにしましょう。

売却する場合には一括査定サービスが便利でおすすめ

マンションを売却する場合には、自分でマンションの買い手を探すことは困難であるため、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。

しかし、仲介を依頼する不動産会社は多く、不動産会社によって査定額も異なるため、相見積もりをとる必要があります。そこで登場するのが一括査定サービスを利用するという方法です。一括査定サービスとはどんなものなのか見ていきましょう。

一括査定サービスとは

マンションを売却するための一連の流れは以下の通りです。

1.マンションがいくらで売れるのか調べる
2.不動産会社に依頼して売却活動を開始する
3.売買契約を締結し、決済を行う

マンションは、少しでも高くかつ早く売れてくれるに越したことはないため、複数の不動産会社に相見積もりをとって良さそうな不動産会社を選びます。しかし、1つ1つの不動産会社に査定額を聞いていては手間がかかるため、早く売ることができません。

そこで、インターネットのサイトに簡単なマンションの情報を入力するだけで、複数の不動産会社からの査定を一括で受けることができるのが一括査定サービスです。

一括査定サービスはいくつかの企業が提供していますが、提携している不動産会社の数が違うなど、サービスに違いがあるため、それぞれの一括査定サイトを比較して、自分が一番使いやすいと感じる一括査定サイトを利用するようにしましょう。

トラブルを回避するためにも売却をおすすめ

子持ちの奥さんが離婚する場合には、将来的に発生する可能性のある住宅ローン滞納のリスクやプライバシーのリスクなどといったリスクを少しでも抑えるためにも、マンションを売却することをおすすめします。

マンションの売却は、共有名義である場合や売却しても住宅ローンの返済が残っている場合など、個々の夫婦の状況に合わせて対応しなければなりません。

マンションを少しでも高くかつ早く売りたい場合は、一括査定サイトの利用をおすすめしますが、査定額の高い不動産会社が必ずしもいいわけではないため、契約実績なども考慮しながら最適な不動産会社を選ぶようにしましょう。