不動産売却で仲介手数料を安くする2つの方法

不動産売却では3%の仲介手数料を支払うのが一般的です。しかし、『仲介手数料を少しでも安くする方法はないか?』と思いますよね。

5,000万円だと150万円。高いですよね。

今回は現実的に仲介手数料を安くする方法とポイントについて説明していきます。

仲介手数料を安くする2つの方法

まず不動産売却において、仲介手数料を安くする方法は2つしかありません。

・安い不動産屋さんに依頼
・仲介手数料の値引きを交渉

自分で買主をみつけて、売買契約を結べば仲介手数料は0円ですが現実的ではありません。

この2つの方法で失敗しないためのポイントを説明していきます。

仲介手数料だけを意識しすぎない

仲介手数料は少しでも安い方がもちろんいいですが、売却価格も同じぐらい重要です。

たとえば仲介手数料が30万円値引きされても、不動産が相場よりも100万円低く売却されれば、手元にはいってくるお金はすくなくなります。

仲介手数料をおさえるのも大事ですが、不動産会社の査定と営業力も大切であることを忘れないでください。

仲介手数料の安い不動産会社に依頼

まず1つ目は、仲介手数料が安い会社に依頼をする。

グーグルで「不動産 売却 仲介手数料 安い」と検索すれば、仲介手数料を半額・無料で営業している会社があります。

実際にこれらの会社は仲介手数料が安く、売却活動をおこなってくれます。

しかし1つ問題があります。

それはどの会社も聞いたことがなく、信頼して依頼できるのかということ。

大手不動産会社は、仲介手数料半額や無料で売却活動はやっていません。そのため『安かろう悪かろうではないか?』と思ってしまいます。

これらの会社を利用して失敗しないためのポイントは、

・信頼できるか
・適正な売却価格か
・買主を見つけられるか

この3つです。

不動産会社の売上の仕組みについても少し説明しますと、基本的に仲介手数料が売上です。

つまり売上が少ないにも関わらず手間がかかり、販売活動が長くなると赤字になる可能性もあります。

安易にそこでもし相場より安い価格で売れば、そのようなリスクがありません。

しかも相場よりも安い価格にすれば、両手仲介を意図的することができます。

 

信頼できるかは営業担当と会って判断

まず最初の信頼できるかどうかは、実際に営業担当と売主さんが会って判断してください。

難しく考えず、自分のフィーリングで大丈夫です。

営業マンもいいことばかり言うかもしれませんが、まずは売主さんとの相性をチェックしましょう。

『なんかこの人苦手だなぁ』と思いながら売却活動がすすんでいくと、トラブルやうまくいかない時に問題になりますからね。

一括査定サービスで適正価格かチェック

2つ目ですが、一括査定サービスを使い、不動産の査定額を数社から見積もりをとりましょう。

なぜならリアルな査定金額を把握すれば、相場よりも低いかどうかを売主さんが判断でき、不利益をうけないためです。

不動産の売却には大きなお金が動きます。売主さんも積極的に情報を収集していきましょう。

先程の信頼できそうだなぁと思ったけど、査定額が相場よりも安い・・・やっぱり信用できないからやめておこう!となるかもしれません。

販売実績をチェック

営業マンは信頼できそうだし、査定金額も相場と同じ。すると最後は、本当に買主を見つられるかが大事なポイントです。

しかし不動産にも売りやすい、売りづらいがあります。そこで営業担当者さんに下記について確認しましょう。

・販売実績
・スーモなどの不動産サイトへの掲載
・レインズへの登録

まず今までの販売実績です。これはちゃんと売却活動に成功しているかで、不動産会社の実力の確認です。もちろん営業担当によって大きくかわってきますが、会社としての実績はちゃんとチェックしましょう。

そしてスーモやホームズなどの不動産サイトへの掲載を行うかどうか。

おそらく不動産を買おうと思っている人のほとんどが最初はスーモとかを見ます。そこにちゃんと掲載しているかどうかの確認です。掲載しないのであれば、依頼しないことをオススメします。

なぜなら不動産会社が、両手仲介を狙っている可能性があるためです。売主だけでなく買主も自分でみつけて仲介手数料を

そして最後にレインズへの登録についても聞きましょう。基本的に媒介契約をすれば、登録は義務と法律で決まっているのですが、ちゃんと知っているよとアピールもこめて伺いましょう。

 

 

仲介手数料を交渉して安くする

2つ目の仲介手数料を安くする方法は、値引き交渉です。

ただ実際は値引きに応じてくれないケースも多いです。売主さんの不動産が、価値が高く人気であれば強気に交渉でますが、逆であれば難しかったりするのも事実です。

ここでは値引き交渉を成功させるためのポイントについて説明していきます。

・不動産の価値を客観的に判断
・契約前に交渉を行う

不動産の価値を把握

まずは不動産の価値を客観的に把握しましょう。要するにほしい人がいるのか、いないのかです。

たとえば東京都心の駅近マンションであれば、人気物件だとおもいます。しかし郊外の一軒家となると、悲しいですが買い手を見つけること自体が難しいかと思います。

ここでは交渉する際に、どれぐらいお願いできそうなのかの塩梅を決める要素ですね。

『価値が高い不動産だから依頼してほしいから少しぐらいなら・・・』

と不動産会社が思ってくれれば勝ちですね。

相見積もりで安い不動産会社に依頼する

まず値引き交渉は媒介契約前に行いましょう。

媒介契約を締結してから交渉すると、『今更そう言われても』と不動産会社が交渉に応じてくれない可能性が高くなります。

そしてポイントですが、複数社に査定・売却を検討していることを認識してもらいましょう。

たとえば、「査定を複数の会社にお願いしているのですが、値引きは少しでも可能ですか?」

と聞いてみましょう。

もちろん可能と言われればそれで成功です。難しいと言われても、最終的に再度交渉すればいのです。

値引きする理由とムリない範囲の値引きがポイント

さて複数社と見積もり、話をして、売主さんがどこにお願いしようか決まりました。

ここで最後の仲介手数料の値引き交渉です。ここでのポイントは、

・値引きする理由をつくってあげる
・ムリのない範囲でお願い

の2つを意識ながら伝えましょう。

営業担当さんも値引きをするにあたって、上司に理由を伝えなければいけません。その時の理由をこちらで用意してあげればスムーズにいく可能性がたかりますよね。

例えば下記のようなイメージです。

『A社さんにお願いしたいんです。でも妻が少し値引いてくれるB社にしようと言っています。販売実績など他はA社さんがいいと妻も言っているので、少しだけでも検討していただけませんか?』

理由はなんでもいいのですよ。

また不動産会社さんによっては実績を増やしたい、数多く仲介をこなして利益を増やしたい狙いがある場合もあいrます。

もちろん成功するとは限りませんが、言ってみるのはタダです。いってみましょう。

不動産会社と値下げ交渉を行う

手数料の低い不動産会社を探していても、それでもまだ手数料が高いと感じる場合は、値下げ交渉に移ります。値下げ交渉を行う場合には、他の不動産会社に仲介を依頼しようとしている旨を伝えるなど、1社だけに絞っていないこと、仲介手数料に対する知識を持っていることをアピールすると効果的です。