銀行はダメ!住宅ローン借り換えの相談は専門家がオススメ

『住宅ローン借り換えて返済を楽にしたい!』

毎月の返済が1万円でも低くなれば、貯金や趣味に使えますもんね。でも住宅ローンの検討って難しいから、詳しい人に相談したいですよね。でも誰にするのかが問題です。

いきなり銀行に相談したらダメですよ。

『なんでだよ!?じゃあどこで相談するんだよ!』

と思われるので、本記事でご紹介させていただきます。

住宅ローン借り換え相談候補は3つ

まず住宅ローン借り換え相談先は、3つしかありません。

・銀行
・ファイナンシャルプランナー
・住宅ローンの専門家

ほとんどの人は銀行員か、不動産会社が紹介したファイナンシャルプランナー(以下FP)に相談されるのではないでしょうか。

よく銀行の支店に“住宅ローン相談会!”というキャンペーンなどやっていますもんね。

しかし1番のオススメは、住宅ローン専門家への相談です。

なぜなら1,000以上もある住宅ローン商品の中から、第3者の立場で提案から申し込み代行までしてくれるので、とっても効率的だからです。

銀行とFPさんへの相談はダメなのか?と思われる方のために私の考えを述べていきます。

銀行への相談がオススメできない理由

銀行への相談がオススメできない理由は、

・銀行の住宅ローンのみ営業される
・効率的ではない

の2つです。

銀行の住宅ローンのみ営業される

たとえばあなたが、メガバンクや地銀に住宅ローン借り換えの相談をします。親身に相談にのってくれ、あなたに最適な住宅ローン商品を提案してくます。

しかしあくまで、その銀行の住宅ローン商品で最適なものです。

違う銀行ならば金利が低くて、条件のよい住宅ローンがあるなんて事態に。

効率的ではない

たとえば価格コムなど低金利の住宅ローン借り換えの商品を調べて、候補を2〜3に絞り込んだとしましょう。

出典元:価格コム

しかしそれでも、複数の金融機関に書類を提出して、審査をする必要があります。

これでは時間と手間がかかります。

しかも候補先の全てが審査に落ちてしまった場合は悲劇です。

銀行への相談をオススメできる人

銀行に相談をオススメしない理由を述べましたが、逆に言えば下記に該当する人は、相談してもOKです。

・無料で住宅ローン借り換えについて質問したい
・借り換え先も絞れて、時間に余裕があるかた

まず住宅ローンの借り換えについて、あまりわからなくて色々と質問をしてみたいという方はオススメです。なぜなら無料ですからね。FPさんへの相談はお金がかかりますから。

あと住宅ローン借り換えについて詳しく、審査が落ちることはないと自信のある方は直接銀行にいくのが早いです。

 

FPさんへの相談がオススメできない理由

そもそもFPさんへの相談は、下記の目的がメインになります。

・家計を見直す
・住宅ローン借り換えをすべきか
・どういう商品や条件で検討すべきか

あくまで住宅ローン借り換えについて、借り換えするべきかについてまでの相談です。

具体的に最適な住宅ローン商品を探して、審査・申し込みまではできません。

あと注意して頂きたいのは、FPさんにも住宅ローンをオススメしてバックで紹介料をもらうというケースもあります。

住宅ローン専門家とは

住宅ローン専門家とは、あなた最適な住宅ローン商品を提案し、審査が通るまでサポートしてくれる専門家です。

銀行は自分たちの商品から提案するが、専門家は金融機関を選ばずに提案。

FPさんは商品の提案までだが、専門家は審査完了までサポート。

こういう違いがあります。それでは次に実際にオススメの住宅ローン専門家の会社を紹介します。

1. 住宅ローンの窓口

住宅ローンの窓口で住宅ローン相談

運営会社 税率
社名 iYell株式会社
設立 2016年5月
資本金 3,685万円

住宅ローンの窓口は、 iYell株式会社が運営するサービスです。保険の窓口の、住宅ローン版です。

都内の店舗で相談できますが、オンラインで相談ができるのが特徴です。

2. モゲチェックプラザ

住宅ローンの相談モゲチェックプラザ

運営会社 税率
社名 株式会社MFS
設立 2009年7月
資本金 8.8億円

モゲチェックプラザは、住宅ローン借り換えのコンサルティングサービスです。

専門家が住宅ローン返済額が少なくなるように、診断から融資実行までをサポートしてくれます。

事例では借り換えの結果として、返済額が1,000万円以上も少なくなった事例もありますね。

ではお客様の声を1つピックアップしてみました。

以前に一人で借り換えを手続きを行おうとしたときに複雑な手続きに悩まされて途中で挫折していました。 約20万円のコンサルティング費用は少し高く感じていたのですが、知識の豊富なコンサルタントにサポートしてもらえたことで無事に手続きを終えることができました。当初の予定していた借換メリットよりも大きいを得られたので相談してよかったです。(引用:お客様の声:40代男性)

モゲチェックプラザは成功報酬のため、借り換えが成功した場合に報酬が発生します。

費用は約20万円と書いてありますね。

高いなぁと思ったのではないでしょうか?確かに安くはないですよね。

でも顧客から料金をとるということは、金融機関からから紹介料をもらっていないという意味です。

これが意味するのは、お客様にとってふさわしい住宅ローンを少秋していもし銀行からお金をもらっていると、モゲチェックプラザさん的にも高い紹介料がもらえる住宅ローンをお客さんにオススメしたくなります。

しかしこれは利益相反です。だからこそ本当にあなたにとってより良い住宅ローンを紹介できるのです。

実際に保険の窓口では、これが問題になっていてニュースにもなっていますからね。

3. 5HOME’S 住まいの窓口

さて最後はみなさんが知っておられる、HOME’Sの住まいの窓口です。

住宅ローン借り換えのお金だけではなく、住まい全般も一緒に相談できるのが特徴です。店舗でも電話でも相談ができるので、都合のよい手段で相談してみてください。

住宅ローン借り換えのポイント

とは言っても住宅ローン専門家に、何もわからないまま相談しにいくと、得られるものが少なくなるかもしれません。

そこで最低限おさえておきたいポイントを2つ紹介します。

1. 借り換え手続き費用もふくめて判断する

1番大事なのですが、借り換え費用も含めてお得になるか判断してください。

住宅ローンを借りているので、おわかりかとおもうのですが、

・事務手数料
・保証料
・登記費用

などの費用がかかり数十万円はします。

単純に毎月の支払額だけで、判断してはダメです。

2. 固定・変動金利についてよく相談する

2つ目が、固定金利なのか変動金利にするかは専門家とよく相談しましょう。

もちろん将来の金利が上がるのか下がるかなんて誰にもわかりません。しかし例えば想定される返済期間が15年と35年では、とれるリスクの幅がかわってきます。

住宅ローン破綻をしないことが第一です、しかし必要以上にリスクをとらないのも損失です。